ハチ駆除は種類に合わせて行なう|素人ではわからない駆除方法

種類に合わせて駆除

蜂から逃げる人

ハチの種類によって異なりますが、刺されたら命の危険を脅かす毒を持ったハチもいます。素人目でハチを区別することは難しいので、自宅の所有地内にハチの巣が出来てしまった場合は駆除を依頼すべきです。ハチがいないと思って素手で触るのは大変危険ですから近寄らないようにしましょう。ハチは攻撃されていると感じなければ刺してくることはほとんどありません。しかし、ちょっとした動作がハチにとっては攻撃されていると感じることもありますし、ハチが近寄ってきて振り払おうとした行動が攻撃とみなされて刺してくるケースもあります。ハチの巣を自宅敷地で見つけた場合はハチ駆除業者に依頼してハチの巣を速やかに撤去してもらいましょう。

ハチ駆除の仕方としては、薬剤をハチの巣に噴射してから巣を叩き落として処分します。この時にハチの活動が活発な時間に行うのではなく暗くなり始めた時間帯に行うのがベストです。ハチ駆除を自分で行う時には薬剤を多めに用意しておきましょう。丸々一本は噴射をし続けるのですが、それでも足りない場合に備えて予備の薬剤を用意しておくべきです。ハチに刺されても大丈夫な防具を身にまとって駆除をしなければなりません。服に隙間があると、隙間から入り込んでしまう可能性がありますから、出来ればハチ駆除専門の防具を身に付けてください。すべて購入するとなるとお金が掛かってしまいますから、業者や自治体に問い合わせてレンタルする方法もあります。

蜂の巣

業者に相談

凶暴なスズメバチの巣を駆除する時は、なるべくプロの業者に依頼することをおすすめします。プロによる徹底した方法で駆除してもらえますし、料金も自力で行うより安かったり準備する手間が省けるという理由で、利用する方も多くいらっしゃいます。

蜂

駆除までの流れ

スズメバチ駆除は危険なので、自分たちは決して近寄らないようにして、速やかに業者に連絡して駆除してもらいましょう。殺虫剤などで駆除も出来ると稀にありますが、やはり専用の防護服など完全防備が必要となり素人には難しいと言えます。

鼠

業者と市販品を上手に使う

ネズミ駆除は専門業者に依頼することが一番です。ただし、一度で退治できないこともあります。市販品も取り入れてみましょう。市販品は安価なものが多いので、購入しやすくて便利です。捕獲シートや嫌がる音を出す機器などがあります。